スーパーマーケット発祥の地

スーパー

千林は、スーパーマーケット発祥の地としても、兵庫や大阪を中心に知られています。 そのスーパーマーケットは、ご存知ダイエー。 もとは、「主婦の店・ダイエー薬局」という名前でオープンし、のちに「ダイエー千林駅前店」と改称されました。 「スーパーマーケット」という名前自体は、京阪電鉄の企業が営業していた「京阪スーパーマーケット」がもとになっているそうですが、現在あるスーパーマーケットとしての商売のかたちは、1957年に創業されたダイエーが最初となります。 1961年には、4号店のダイエー千林店もオープンし、ダイエーも千林商店街もますますにぎわいを増していきました。 現在ではダイエーはイオンに吸収され、本店も千林店もなくなってしまいましたが、ディープな下町商店街・千林はまだまだ健在です。 また、ここ千林のほかに神戸の兵庫区東出町が、ダイエー発祥の地と呼ばれることもあります。 神戸の東出町は、創業者の中山功の実家があった場所で、実家の父親は「サカエ薬局」というお店を営んでいました。 サカエ薬局の「サカエ」は、中山功の祖父「栄」という名前からきているそうで、さらにダイエーの名前はその栄に「大」の文字をつけた「大栄」ということで、この神戸東出町もまたダイエー発祥の地といえるのだそうです。